So-net無料ブログ作成
検索選択

遊園地に ?いいですね

ドクトル・ジバゴ (1965) は、『アラビアのロレンス』のデビッド・リーン監督が壮大なスケールと映像美で贈る不朽の恋愛映画の名作。ロシア革命前後の動乱期を背景に、純粋な心を持ち、詩人でもある医師・ジバゴの波乱に満ちた人生を、ふたりの女性への愛を通して描いています。
映画、「赤い文化住宅の初子」はとても貧乏な話で、暗くてずっしりと重さを感じるのですが、何故か初子の人間性が暗さや重さを取り除いてくれます。特に明るいとかはじけてるとか、そういうテンションでなく波が少ない感情で、ひょうひょうとしている感じでした。
女性に対して、誠意や優しさをもって、接することはとても大切なことだと思います。ですが、よかれと思ってした行動が、相手を傷つけたり、迷惑になることもあるのです。
?[PR]ラッキー 苫小牧で朝食を 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。